シャンプーを毎日することのリスク|シャンプーの口コミランキング

シャンプーを毎日することのリスク

シャンプーを毎日することのリスク

シャンプーは当たり前のように毎日おこなっているという人の割合はけっこう多いものです。 最近では朝起きてから家を出る前にかなら髪の毛を洗わないと目が覚めないという人も増えていますので、朝シャンも数えると1日に2回はシャンプーをするという人も少なくありません。

 

病気等で医療機関に入院していたりケガなどで自由に入浴や洗髪ができなかったりするという特別な場合は話が別ですが、そうでない限りは基本的に毎日かならずシャンプーをしているという人のあいだでは、毎日シャンプーをしないという生活のほうが考えられないという声もよく聞かれます。

 

髪の毛や頭皮の環境をつねに清潔な状態を保つということはもちろん正しいことですし、頭皮が皮脂や汚れを蓄積してしまっている状態であれば、炎症やフケが原因となって抜け毛がひどくなって薄毛へとつながる恐れもあります。

 

しかしながら、絶対にシャンプーを毎日おこなわなければならないというわけでは、決してありません。 脂漏性皮膚炎といったような何らかの皮膚疾患を持っているという方々は例外ですが、そうでなければ毎日シャンプーで洗わなくても健康な頭皮を維持することは充分に可能である方々もかなり多いです。

 

むしろ、皮脂を必要以上に洗い流してしまうことによって乾燥がひどくなったり、余計に皮脂が分泌してべたつきにつながってしまったりすることもあります。

 

なかには、すべての人の頭皮に存在している常在菌が洗い過ぎで不足してしまうことによって、 頭皮における嫌なにおいの原因となっている人もいます。

 

乾燥などが気になるもののどうしても毎日洗わないと気が済まないという方は、シャンプーを使わずにお湯だけで洗う日を設けると良いでしょう。