気になるシャンプーのコーティング剤|シャンプーの口コミランキング

気になるシャンプーのコーティング剤

気になるシャンプーのコーティング剤

市販されているシャンプーには、髪の毛をコーティングしてくれるコーディング剤とシリコンが含有されています。 シリコンというのは潤滑性と撥水性を兼ね備えた成分で、車を磨く際のカーワックスに利用されていることも有名です。

 

シャンプーやコンディショナーの中にシリコンを配合すると髪の毛のキューティクルに瞬時に吸着しますので、使ったあとに髪の毛がすぐにサラサラになったように感じられます。

 

しかし、シリコンがコートできるのは髪の表面だけで浸透して髪質自体にアプローチすることはありませんし、吸着力が強すぎて髪の毛からはがれるときにキューティクルもはがれるというデメリットがあります。

 

そして、シリコンよりも気にしておきたいのが、なめらかな髪の毛を実現してくれるコーティング剤です。 シャンプーに使われているコーティング剤、すなわちリンス成分のほとんどは低分子性カチオン界面活性剤」という成分なのですが、シャンプーに使われる成分のなかで頭皮へのダメージがもっとも強いのです。

 

シャンプーを選ぶときにコーティング剤を意識しているという人はかなり少ないのではないかと思いますが、頭皮や髪の毛へのダメージを知っておきたいという成分にこだわる敏感な人は知っておいたほうが良いでしょう。

 

これらのダメージが気になるという人は、硫酸系の成分やスルホン酸系の成分、石油系合成界面活性剤などを使っていないシャンプーを選ぶと安心です。

 

最近では、コーティング剤によるダメージが気になるという理由から、低刺激のアミノ酸シャンプーを使うようにしているという人も大勢いらっしゃいます。 自分自身が使うことはもちろん、赤ちゃんでも安心して使えるという理由から選ぶお母さんもいるようです。