シャンプーの詰め替えを避けたいタイミング|シャンプーの口コミランキング

シャンプーの詰め替えを避けたいタイミング

シャンプーの詰め替えを避けたいタイミング

最近では、とくに若い世代の男女を中心として、シャンプーやコンディショナーなどは基本的に詰め替えを前提とした製品だけを買うようにしているという人が多くなっています。

 

容器に入った製品を購入してしまうと買い替えるたびに容器を捨てることになりますので、詰め替えるタイプの製品を選ぶことでゴミを得らしてエコライフを実現できるという利点はもちろんのこと、詰め替えるタイプの製品のほうが基本的にリーズナブルですので、節約という経済面を理由にする人も多いです。

 

また、シンプルライフに注目が集まっていることから、スタイリッシュでシンプルなデザインのボトルを購入して使うことによって、バスルームの生活感を無くしてすっきりとした空間に仕上げたいというインテリアの観点で詰め替えるタイプを愛用している人もいます。

 

しかし、シャンプーをボトルに詰め替える際にだれもが気になるのが、衛生面です。 同じボトルを使い続けるわけですから、気付かないうちに毒性の強い菌などが繁殖してしまっているのではないかと不安になったことがある人はけっして少なくないでしょう。

 

結論から言いますと、もともとバスルームや洗面台に住んでいる微生物は、日常的に私たちと共存している菌がほとんどですので毒性を気にするような菌の存在を心配はしなくても大丈夫です。

 

人間の皮膚にいる常在菌か弱毒菌ですので、詰め替えの際に少しぐらい容器に混入したとしても恐ろしい病原性を不安視する必要はありません。

 

ただし、シャンプーの詰め替えを避けたいタイミングがあります。 それは、指に傷があるときです。 皮膚にいる常在菌は血液があると変化する可能性があり、とくに「黄色ブドウ球菌」という菌は血液が大好きだからです。

 

また、この黄色ブドウ球菌は花粉症の人の鼻水に混入していることがよくあるので、花粉症の人は花粉症の症状で悩まされているときに詰め替えをおこなわないほうが無難です。