シャンプーを選ぶ場合には原料を良く確認|シャンプーの口コミランキング

シャンプーを選ぶ場合には原料を良く確認

シャンプーを選ぶ場合には原料を良く確認

毎日使うことの多いシャンプですが、髪の毛や頭皮に良い成分で作られたものを使っていきたいです。シャンプーはどのような原料で作られているのでしょうか。

 

シャンプーは、髪の毛や頭皮の汚れを落としてくれるものです。これ以外に、低刺激なもの・髪の毛のダメージを負抑える・環境に優しいシャンプーを選ぶ人が増えてきました。

 

シャンプーの、界面活性剤・香料・着色料・防腐剤に加え、髪や頭皮に有効な成分で作られています。 界面活性剤には、天然界面活性剤の天然物・石けん系、合成界面活性剤の脂肪酸エステル系・アミノ酸系・高級アルコール系・石油系などがあります。

 

また、天然由来・石油系由来に分ける事ができ、石油系由来のものは刺激が強すぎることがあるので注意が必要になってきます。また、シリコンが含まれているシャンプーは、頭皮にたまり細毛・薄毛の原因になるので注意が必要です。

 

シャンプーを選ぶ場合には原材料などを良く確認して選んでいく必要があります。刺激の強い物・肌に合わないものをつかってしまうと、肌トラブルや髪の毛のトラブル・抜け毛などをおこすことがあるので注意しましょう。

 

肌が弱いという人は、肌と同じ弱酸性で髪と同じタンパク質成分のアミノ酸系のシャンプーがオススメです。アミノ酸系のシャンプーの成分名には、グルタミン酸・アラニン・タウリン・グリシンというものが含まれています。

 

シャンプーを選ぶ場合には、原料を良く確認し自分に合ったものを選び使っていきましょう。