シャンプーをしても髪の毛がきしむ|シャンプーの口コミランキング

シャンプーをしても髪の毛がきしむ

シャンプーをしても髪の毛がきしむ

シャンプーをしても髪の毛がきしむことがあります。髪の毛がきしむ原因はどのようなことでおこるのでしょうか。 シャンプーをする時に、髪の毛がきしきしときしむことがあります。指を通しても指通りが悪いことがあります。

 

髪の毛がきしむ原因は、髪の毛の艶のために必要なキューティクルがお湯でふやけて開いてしまっている状態です。キューティクルがなくなってしまうと、髪の毛がパサパサになり見た目も乾燥している状態になってしまいます。

 

その他にも、髪の毛の汚れがきれいに落ち、何もついていないと言う状態の時にきしむ事もあります。 また、使うシャンプーによって・髪の毛のダメージによっても、髪の毛がきしむ場合があります。

 

シャンプーを変えたことによって髪の毛がきしんでしまったと言う場合には、元使っていたシャンプーに戻すと良いでしょう。

 

買い換えたばっかりなので最後まで使いってしまいたいと言う場合には、コンディショナーやトリートメントだけを戻してみたり、ヘアオイルなどを使って髪の毛をコーティングすることできしみを取り除く事ができます。

 

ノンシリコンシャンプーを使っている場合には、シリコン入りシャンプーよりも洗浄力は軽くなり、コーティングがないことから髪の毛のきしみが増えることがあります。

 

きしみが気になる場合には、コンディショナーやトリートメントはシリコンが入ったものを使うと言うように使い分けると髪の毛のきしみも気にならなくなってきます。自分に合ったものを選んで使いきれいな髪の毛を手に入れましょう。